肌悩み

湿度が高いと保湿しなくていいの?適切な肌のお手入れ方法とは?

この記事では 湿度が高い季節に保湿しなくていいの?適切な肌のお手入れ方法 について書いています。

 

ずぼらアラフォー女子
ずぼらアラフォー女子
湿度が高いからお肌しっとり♪保湿は手抜きでもいいんでしょ?

 

こんにちは!

湿度が高い季節は、冬の湿度の低い季節に比べたらたしかに乾燥はしにくいです。

でも、だからといって肌のお手入れを怠っていると大変なことに!!

今回は湿度が高いと保湿しなくていいのかどうか、そして適切な肌のお手入れ方法とは何なのかをご紹介していきます。

こんな人におすすめ

  • 湿度が高いとき保湿するべきかどうかわからない
  • 湿度が高いと肌トラブルが起きてしまう
  • 湿度が高いときにどのスキンケアアイテムを使っていいかわからない

ぜひ参考にしてみてね♪

 

湿度が高いと保湿しなくていいの?

さっそくですが

「湿度が高いと保湿しなくていい」は、間違いです!

湿度が高くても保湿は必要です。

たしかに湿度が高いと肌の乾燥はしにくいですよね。なのでスキンケアを怠ってしまうこともあるかもしれません。

でも、湿度が高くてもじつは乾燥してるってこともあるんです。それに湿度や気温が高くなってくると肌トラブルも起きやすくなってきます。

とくにアラフォーアラフィフ世代は肌のバリア機能が低下しやすいのでなおさら保湿ケアは重要になってきますよ。

 

湿度が高い季節に起きやすい肌トラブル

適切な肌のお手入れ方法をご紹介する前に、湿度や気温が高くなる梅雨~夏の時期に起きやすい肌トラブルについて簡単に説明しますね。

冷房や汗、紫外線による乾燥

こんなに湿度や気温が高いのに乾燥?って思うかもしれませんが、じつはエアコンの冷房で室内が乾燥しているんです。さらに扇風機をかけることもあるでしょう。

また湿度が高いと汗ばむことも多いですよね。汗をかいてそのままにしていると、汗が蒸発したときに肌のうるおいまで奪われてしまうんです。

さらに紫外線がピークに達するのは5月~8月ですが、梅雨で雨やくもりの日が多いからって安心はできません。紫外線は肌のバリア機能を低下させ、乾燥をまねいてしまいます。

乾燥や紫外線は色素沈着(シミやくすみ)、肌荒れ、しわ、たるみなどの原因に。

過剰な皮脂分泌・ニキビ

6月の梅雨の季節は、湿度の平均が70%以上!高温多湿により皮脂分泌が過剰になり、毛穴がつまりやすくなったり、雑菌が繁殖しやすくなったりでニキビができやすくなります。

皮脂の分泌量は冬のなんと2倍なんだとか。

ニキビは「白ニキビ・黒ニキビ・赤ニキビ」などの種類があり、初期段階で白ニキビ、白ニキビが酸化すると黒ニキビに、さらに白ニキビや黒ニキビが悪化すると赤ニキビといって炎症をおこし、赤く盛り上がります。さらに悪化すると膿になる黄ニキビとなり、治るのに時間がかかってしまいます。

あせも

梅雨の季節は湿度が高く、気温も徐々にあがっていきます。

湿度が高いので一見涼しそうな日でも汗をかいたりしますよね。

あせもは汗腺に汗がたまってしまうことで起きるのですが、汗をかいても拭かずに放置していたり、湿度も高いのでなかなか乾かずに汗腺がつまってしまうとあせもができてしまいます。

脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)

脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)は脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)ともいいます。

脂漏性湿疹も湿度の高い梅雨~夏にかけて起こりやすい肌トラブルのひとつです。

皮脂の分泌量が多い鼻の周辺や頭皮、または耳の裏、前胸部、脇、陰部にもできやすいといわれています。

湿度が高いと皮脂の分泌量が増え、それにより肌が炎症を起こして赤くなり、かゆみも出てきます。頭皮の場合だと、フケがたくさん出るようになります。

脂漏性湿疹はほかの皮膚炎とは異なってカビの一種が原因となっています。

なかなか自分では判断がつかないため、おかしいなと思ったら早めに専門医に相談し、きちんと治療することが大切です。

接触皮膚炎(せっしょくひふえん)

接触皮膚炎はいわゆるかぶれのことをさします。

金属(アクセサリーなど)など刺激の強いものに触れると起こる一次刺激性接触皮膚炎と、アレルギー反応で起こるアレルギー性接触皮膚炎というのがあります。

かぶれるとかゆくなって、だんだん赤くなったり、小さなブツブツや水膨れのようなものができたりします。

アレルギーの場合だと、金属に加え、化粧水や洗剤、シャンプー、医薬品、動物や植物、衣類などでも接触皮膚炎が起きる場合があります。

 

湿度が高い季節の適切な肌のお手入れ方法

お待たせしました!では、湿度が高い季節の適切な肌のお手入れ方法についてご紹介しますね♪

基本的に難しいものはありませんので今一度ふだんの肌のお手入れを見直してみてくださいね!

やさしく丁寧な洗顔

湿度が高いと肌がべたついたり、皮脂の分泌も多くなるため、1日に何度も洗顔したくなるかもしれませんが、それはNG!

洗いすぎは肌のうるおいを奪ってしまいますし、本来あるべき皮脂まで洗い流してしまって肌が乾燥してしまいます。

洗顔は1日1~2回、ていねいに洗顔しましょう。

さらに洗顔時は洗顔フォームやせっけんなどしっかり泡立ててやさしく洗うのがコツ。

過剰な皮脂を取ろうとゴシゴシと肌に刺激を与えるような洗い方は肌を傷つけてしまいますし、すでにニキビや湿疹などができている場合もありますのでとにかくやさしく、が鉄則です!

泡立てネットを使うとめっちゃ簡単にアワアワが作れるのでおすすめです!

https://twitter.com/rimoxrimo/status/1247738158353014786?s=20

泡で洗う感じで、ほとんど手は肌に触れない感じです^^

最近はこのアワアワがやみつきになっています(笑)

ぜひやってみてくださいね!

しっかり保湿して肌のバリア機能を高める

湿度が高くてもエアコンの冷房や紫外線によって肌は乾燥しがち。

肌トラブルが起きやすいこの季節は、しっかり保湿して肌のバリア機能を高めることが大切です。

ですが、冬と同じスキンケアであまりにしっとりしすぎても湿度や気温が上がるこの季節はちょっと不快ですよね(^-^;

わたしが実際に使ってみておすすめしたいスキンケアはエトヴォスのモイスチャーシリーズです^^

ヒト型セラミド配合で保湿に特化したスキンケアですが、使用感が軽いので春夏にぴったりです♪

さわやかなラベンダーの香り(天然香料)も気分をあげてくれるのでジメジメした季節にいいですよね。

セラミドは肌のうるおいを保ち、外部の刺激から肌を守ってくれるバリア機能があるので、湿度が高く肌トラブルが起きやすい季節にはセラミドケアがおすすめです。

ちなみに保湿は、化粧水でたっぷり水分を補給し、乳液やクリームなどでフタをするのが基本です。

より保湿を高めたいなら保湿美容液も合わせて使うのが良いですね。その場合は化粧水のあとに保湿美容液を使用します。

さっぱりしたいからと、化粧水だけで終わらせては結局うるおいが逃げてしまいますのできちんと乳液やクリームなどでフタをしてあげてくださいね。

エトヴォスモイスチャーラインお試しセットレビュー!40代のくすみ・乾燥ハリ不足の肌におすすめ?この記事では エトヴォスモイスチャーラインお試しセットレビュー!40代のくすみ・乾燥ハリ不足の肌におすすめ? について書いています。 ...

また、時短で保湿ケアしたい!って方はアクアテクトゲルがおすすめです^^

シンプルに純粋に保湿だけを考えて作られたオールインワン化粧品。

アクシリオ アクアテクトゲルお試しレビュー*40代の手の乾燥に使ってみた感想この記事では アクシリオ アクアテクトゲルお試しレビュー、40代のわたしの手の乾燥に使ってみた感想 について書いています。 ...

ニキビに悩む場合には、敏感肌用やニキビ用のスキンケアで保湿すると良いですね。

なるべく刺激を与えないよう手でやさしく押さえるように塗布しましょう。

ノブⅢレビュー*敏感肌40代女がトライアルセットを試してみた感想!ノブⅢレビュー 敏感肌40代女がトライアルセットを試してみた感想! こんにちは! 1年くらい前から春~夏にときどきかゆみが出...

 

日焼け止めで紫外線ケア

梅雨の季節はくもりや雨の日が多いですが、紫外線がないわけではありません。

晴れの日の紫外線の強さを100%とすると、くもりでは60%、雨では30%あるといわれています。

紫外線は肌トラブルのもと。肌のバリア機能が低下し、乾燥やシミ、くすみ、たるみなどの原因に。

保湿ケアはもちろん、肌の予防ケアもとっても重要です!

屋内でも窓のある場所では紫外線が入りますので日焼け止めローションやクリームなどでしっかり紫外線を防止しましょう!

屋外では遮光率の高い日傘なども活用すると良いですよ。

 

こまめに汗をふく

湿度が高いと汗をかきやすいですよね。

ただ、気温が低かったりすると大粒の汗というよりはじんわり汗をかくことが多いかもしれません。

その場合も放置せず、こまめに汗をふくようにすることをおすすめします。

というのも、汗が蒸発する際に肌のうるおいが奪われてしまうのと、汗をそのままにしておくことであせもなどの肌トラブルになるからです。

おでかけの際は、ハンカチや小さめのタオルなど何枚か持ち合わせるとよいでしょう。

 

余分な皮脂はティッシュでおさえる

湿度が高く、気温もあがってくると皮脂の分泌も多くなりますよね。

皮脂が気になったらティッシュで軽く押さえればOKです^^

「あぶら取り紙じゃないとしっかり皮脂が取れないんじゃないか??」

いえいえ、あぶら取り紙だとしっかりあぶらは取れますが、その分また皮脂が分泌されてしまうので、ティッシュで余分な皮脂だけ取ればOKです^^

皮脂というのは肌を守る役割があるので取りすぎには注意です。

 

汗をかいた日は湯船につかろう

湿度や気温が高くなると、シャワーの日が多くなってしまうかもしれませんが、汗をかいた日は湯船につかることをおすすめします。

湯船につかったほうが肌に残った汗をしっかり落とすことができますし、冷房でからだが冷えたり、梅雨の季節は気温差もあったりで体調も崩れがち。

40℃以下のあまり熱すぎないお湯にゆっくりつかることで、全身の血行がよくなり、こころもからだもリラックスできますよ^^